Ars longa, vita brevis.

通信制大学勉強ログと雑記

「ほぼ日5年手帳」六ヶ月目で使い方はどう変わった

今年の1月1日からほぼ日5年手帳を使い始めました。 どんな風に「ほぼ日」を使っているか 朝起きて、天気と起床時刻を記入し、なにか書きたいことがあれば書きます。 体調や気分について書くことが多いです。 夜は、一日を軽く振り返り思いついたことを深…

マインドフルネスと10分タイマーの組み合わせ

マインドフルネスと10分タイマーの組み合わせで生活がかなり変化しました。 取り寄せ:納期1週間程度(メール便可:2点まで)TANITA[タニタ] デジタルタイマー バイブレーションタイマー24時間計 クイック TD-370N (ホワイト) [TD370NWH](快適家電デジタ…

モレスキンポケットの使い方

モレスキンのノートを買いました。 本の中から気に入った文をノートに書き写し、それを何十回も原稿用紙に写経する。 そうやって文の型を自分の中に刷り込ませていこうという試みです。 右側に書き写し、左には主に格助詞を抜き出しそれを補助に写経修行。 …

『言葉を育てる』米原万里対談集の感想

翻訳家の米原さんの本ということだけあって、「言葉」に関する示唆をたくさん得られる本でした。 こちらの本を読んだ理由 私が今の人生のテーマとして取り組んでいるのはまさに言葉を育てるなのです。通信制大学に入学したり、このブログを作ったり、いろん…

4月に読んだ本

4月雑感 放送大学の勉強をしたり、サイトをいじってみたりで読書時間は減りました。 量を求めているわけではないのですが、最低ノルマはセットしておいたほうがいいと感じます。基準とすべき錨がないと怠惰に流されてしまうからです。 月10冊以上を意識し…

いつか行く道に思いを巡らす

「55歳からのハロ-ライフ」を読みました。 村上龍さんの本は20年前に読んだ「五分後の世界」以来二冊目です。 オードリー若林さんが村上龍さんのファンということで、それに影響されて久しぶりに手に取りることになりました。 ハローワークでもスローラ…

40歳超えたら健康法は人生哲学である

一軍に行ける選手と二軍から上がれない選手の違いは、「考える」ことができるかどうかにある 40歳以降を健康で過ごすためにもしっかりと「考える」ことが重要だ。 本やウェブで知った健康法を漠然とやってみるのではなく、体や心の反応や変化を丁寧に掬い取…

最強を目指す幸せ

「自衛隊最強の部隊へー偵察・潜入・サバイバル編」を読みました 「スカウト」という戦闘技術をもつS氏が、格闘大会負け無しでフルコン空手世界チャンプの男を圧倒し、恐怖で怯えさせる(「草食動物のインパラ」状態。笑)、という漫画的エピソードに引き込…

2019年3月に読んだ本

2019年03月 (11作品) マインド・クァンチャ - The Mind Quencher森博嗣読了日:03月02日 火花 (文春文庫)又吉直樹読了日:03月05日 ナ・バ・テア (中公文庫)森博嗣読了日:03月09日 ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven森博嗣読了日:03月11日 フラッタ・リン…

ストレングスファインダーの結果

TOP5: 調和性, 適応性, 収集心, 運命思考, 内省. 「人間関係構築力」と「戦略的思考力」が優れている.......? そう言われてみると思い当たる節が、やはり無いな…。 KKOの俺にそんな力が秘められている・・・のか? KKOとは - はてなキーワード 容姿に恵まれ…

本棚を見ればその人が分かる

// 文章力、語彙、論理力、コミュニケーション、心理学、お金などに関する本。 見事に俺のコンプレックスが展示されている。 あんまり読んでないし何も身についてない。 20年成長してない自分。さすがに気づく。意味ないなこれ。 「いつか読みたい本」は一…